やな感じがする日は、何かを作る

今週は、僕にしてはお仕事頑張ってたんですけど、後半露骨にペースダウンしてたし、正直まだまだ給料分の働きには程遠いと思うんです。

たまっていくタスクリストを見ては、ため息をつき。でもやるしかないなと、いろあわせは世界を変えるはずだと、自分を鼓舞するんです。

そんな一週間が過ぎた今日、久しぶりになんの予定もなくて、そんな日をずっと待ちわびてたはずなのに「これがやりたい!!」ってのが無くて、やばいなと思いました。むしゃくしゃするけどそのストレスのはけ口が見当たらなくて。
普段ならそんなことないんです。「このゲームをやる」とか「この漫画を読みたい」とか沢山あるはずだから。今日はなにもないし、むしゃくしゃしてな。

こんな日はとにかくなにかを生み出すのがいいって、誰かが言ってたのを思い出して、今日は料理を作りました。「今日オムライス食べたい」って僕が言ったら、彼女が「麻婆が食べたい」って言うもんだから、その合わせ技です。
自分の得意料理の組み合わせだし、日常と違って素早く作る必要がないキッチンは、僕を癒してくれました。

また、味がしなくなってたご飯が、少しだけ味がした気がしました。

ーーー

僕は好き放題やってるし、社会的な規範で見たら足りないことばっかりで。自分でもわかってるんですけどね。普段それなりに擬態してても、疲れるとその余裕も無くなってしまいます。

そしたら、いろあわせのみんなにも迷惑かけてるのわかるし、嫌なんですよね。でもズレてる自分のことも否定したくないし、その分は別のところでフォローするつもりはありますけど、いやまだまだ足りてないって自分で思ってるし。そしたらとりあえずは「〇〇すべき」を守って擬態するしかないなって思って以下無限ループにはまったりするわけです。

ともかく、どんな時にも、自分で自分を楽しませる材料を用意しなきゃダメだなと思いました。今日は料理に救われましたけど。はい。終わりです。

美味しかったですよ。将来カフェ作ったら、麻婆のお店にしようかな。