好きか嫌いか決めない。良いか悪いか判断しない。

※本来なら3ヶ月前に投稿するべきだった文章が出てきました。もったいないので投稿しますが、前の記事と時系列がずれるので気をつけて下さい

やっと就職できたくせに、ゲーム製作の為に3週間のお休みをいただいているのだ。とてつもない暴挙である。

その判断を下したことには深い理由がある。

この少し前、いろんなことが降り掛かってきて、全部がうまくいかないことがあった。特に象徴的に起こったのが、3件同時の予定ブッキングだ。全部覚えていたのだけれど、何故か時間がうまく回らなかった。
それは冒頭に言ったように、全てに「行きます」と答えていた僕の落ち目だった。

もっとも迷惑をかけた彼女の元へ帰ったとき、こう言われた。

「ゆきはいろんな人を大切にしようとしすぎて、だれも幸せにしてないよ?」

その日の最後に彼女から言われた言葉は、深くこころに突き刺さった。

その言葉を聞いて、個人の仕事と、会社での仕事の両立が無理なことをやっと認めることができたから、僕は会社にお休みを頂くことにしたのだ。

いまでも全部をやろうとしていたなら、きっと僕はいろんな人に、以前とは比べ物にならないほどの迷惑をかけていただろう。思わせぶりな態度ばかりをとったばかりに、結果満たされないみんなの心を見て、また僕は自分を責める。そして「もっと頑張ろう」などと、無意味な言葉にまた走るのだ。その負のスパイラルから抜け出させてくれた彼女には、心から感謝している。

12月のイベントまではゲーム製作に打ち込む。
会社にはイベントが終わって、片付けが終わった時点で戻るつもりだ。

ちゃんと区切りをつけて、次のことに取り組む。どっちが好きとか決めるのは、その後がいい。だって、全部本気でやったあとでないと、判断のつけようも無いじゃないか。