「私は愛されていないのではないか」

この言葉を見た時、私は泣き出しそうになりました。

 

先日の土曜日、偶然が重なって”エニアグラム”について学ぶ機会がありました。

エニアグラムとは

「人間の性格は生まれながらにして9つのタイプに分けられる」という考え方に基づいた、性格分析の一種です。
起源は2000年以上も前。アフガニスタンあたりで生まれたそうです。そのときには9つの性格の関係性を示す円と、線の図形。1950年になってその図形の研究は深く掘り下げられ、今の形態になったとのこと。詳しいことは「エニアグラム」で調べてみて下さい。

さて、ほんとに偶然にこのエニアグラムについて学ぶ機会を得た私ですが、正直なところ最初は「ふーーん。イマイチ興味ないな……。まあ性格分析って久しぶりだし、とりあえずやってみるか」ぐらいの感じでした。ほんとに失礼な奴。

 

気質の見極め方

まず、自分が9つの内どの気質を中心にしているのかを探すところから講義がはじまりました。以下の項目を一つずつゆっくりと確認していきます。

・刺激に対して、主に反応する部分
何かを見たとか、聞いた時にどこがまず反応するのかの分類です。それぞれ身体、頭、感情と3分類ありました。

・人との関わり方
例えばチームでどういう振る舞いをするのかです。主張型、追従型、遊離型とあります。

・問題が起こったときの対処法
合理型、反応型、楽観型とあります。

講師の方はこれらの項目について説明をしながら、随時具体的な話しを聞いてくれて、決めつけないようにして、丁寧に各自のタイプを絞り込んで行きます。

 

私の気質は?

ちなみに私はというと・・
・刺激に対して、主に反応する部分
たぶん感情か、身体。映画とか見たらめっちゃ泣くし。なにかを見たらとりあえず触りたくなるし。

・人との関わり方
追従型かな~。率先して行動するというよりは、人の行動を補助したいので。

・問題が起こったときの対処法
これは完全に楽観型。これで迷惑かけることも沢山ありますし・・

ということで、これらの分析結果を元に私の中心にしている気質は「タイプ2 博愛主義者」だとわかりました!!

タイプ2の博愛主義はキャラクターで表すなら「ドラえもん」
のび太が困っていると、なんでも助けてくれる優しさを持っています。一方で、それはドラえもんが人に尽くすことで、自分の居場所を感じたいから。そういった意味ではドラえもんはのび太を利用しているとも…

これは当たってる!と驚きました。ついつい頼まれごとは断れないんだよな。断ったら嫌われちゃう感じがして・・(実はこの辺から、ほんと嫌な予感がしてたんですよ)

 

気質ごとに成長の向きが違う!!

自分の気質がわかった後は、それぞれの気質を持った人が、何に気をつければ成長できるのかを説明してくださいます。

以下のような図があって、自分のタイプを中心に矢印の方向がなってはいけない向き。逆向きが成長する向きになってます。

→に逆らって進むと成長する

なので、タイプ2の私だったら”なってはいけない”のは「タイプ8 挑戦者」で、”成長するため”には「タイプ4ロマンチスト」を目指すというふうになってます。

これにも納得感がありました。淀んでるなぁと思うときにはつい感情的に声を上げたり、人を切り捨てるような事をしがち。逆に創作をしているときには自分の事を理解することで心が澄んだりして。
このあたりから「エニアグラムすごいんじゃね・・?」ってなってました。そしてこの後、僕がエニアグラムを学ぶと決めた、決定づける出来事がありました。

 

思った以上に”囚われ”ている

それが起こったのは、みんなの囚われについて話していた時です。
タイプ2の囚われは「私は愛されていないのではないか」。そんな考えに囚われているから、必要以上に尽くそうとするし、もらうばっかりだと自分に価値が無いように感じてしまう。
「これぐらいはやらないと。自分には価値がないんだから」って本気で思ってて、それは自分に負担になって、どっかで潰れて、結局まわりに迷惑かけちゃったり。その姿を見て「やっぱり価値がない」と自己嫌悪・・この囚われを中心にして、いろんな事が悪い方に転がっていくのです。

そんな囚われがある人が成長するためには「私はもうすでに愛されている。だから大丈夫」って自分に言い聞かせるといいんだって。でもそんなこと怖くてできない。そうやって教わったときはもちろん、いま考えただけでも胸が苦しくなって、まっすぐにモニターを見ることもできません。

 

そんなとき。一緒に講義を受けていた会社のKさんが僕の名前を呼びました。

 

なんだろう?振り返って目があった瞬間

 

 

「愛してるぞ」

 

 

 

 

泣いてしまいました。
周りに人が沢山居るのに、声を上げて大号泣。

こんなに簡単に僕の事を愛してるって言ってくれる人が近くにいる。
平然とした顔で。当たり前みたいな風に。

すっごく幸せでした。

書きながら泣いてしまって、モニターが見えない・・・・・・

 

その後は他の人の囚われについて聞いて、講義は続行。
講師の方が言うには急に泣き出すって、ハートセンター(感情が反応する)の人によくある反応だそうです。私の感覚としては、突然突き上げるようにして感情が溢れ出す。我慢するとか、そういうレベルの話ではなくて。周りの人が驚くぐらい感情が揺れ動きやすいんだそうです。
でもそうやって、感情を出すことは悪いことではないと、講師の方はいいました。そうすることで、周りの人は感情について学び、その人の成長の助けになるからと。

 

講義終了&その後

そんなこんなで、エニアグラムについて学ぶ講義は終了しました。

それから一週間も経っていないのですが、今の私はすっごく生きやすいです。
自分の小さな感情の揺れには動じなくなったし、無理しないようになりました。自分の心の動きを細かく観察して、外への出力を微調整してる感じです。

そして生きやすくなった、なによりの理由は「私はもうすでに愛されている。だから大丈夫」と自信を持って、自分に言い聞かせられるようになったから。あの時、号泣できてよかった。ちょっと前まではビクビクして生きてたのに、愛されていると思えば、もう生きることが怖くありません。

ということで、生きやすさをほかの人にも是非感じてほしいと思ったから、僕はエニアグラムを学び始めることにしました。もしこの記事を読んでみて、興味が出た人は自分で調べてみるもいいし、もし勇気があるなら僕に声をかけて下さい。是非一緒に話しをして、一緒に学んでいきましょう。

あと、自分の成長のために、自分の心をしっかりと見つめる「タイプ4 ロマンチスト」の真似をしたいので、そろそろブログを定期的に書いていきたいと思います。僕のモチベーションのために、読んでくれた人は「読んだよ〜!!」って教えてください。お願いします。

ではまた~

早速買って勉強をはじめました