夢に向かって全速力!ってやりたいコトが決まっててもできない

今日ともだちとすっごく話しをした。お互いに今抱えている事について沢山話しをして、その中でも話題になった、悩んでいることについて書いていこうと思う。

私が今悩んでいること。それは「どこに住むか」。

いま私は、滋賀県彦根市に住んでいる。その理由は、こっちにすっごく尊敬している人が居て、その人に貢献したいと考えているから。何ができるかわからないけど、とにかく近くに居ておこうと思って・・そんな軽い理由で丁度一年前に京都からこっちに引っ越してきた。
(実際には彦根に彼女も居たとか、何かを変えたかったとかあるけど、詳しい事は過去の記事を読んで下さい)
貴族辞めます
意識高い系は現実に直面した時、結果を出すことができるのか
もっと苦労しなければならない
「人ができないことで、自分は苦なくできることを仕事に」つまり自分にとっては…?
将来への不安。本当にこの世界でやっていけるのか。
ついに仕事が終わる

一年間の間、お金のためだけに働きながら、自分がやりたい事について考えました。どうやったら貢献できるのかを考えるよりもまえに、まずは自分が何かをできるようにならないといけないと思ったから。そして半年前に見つけたのがゲームでした。特にアナログゲームの世界に魅入られました。
もともとゲームが好きな自分にとって、この世界に惹かれることは当然だったし、ましてこの世界に生きることは必然だとおもいます。そして今は、ゲーム周辺のことで自分ができそうなことには手当たりしだいに挑戦しているところです。そうやって活動しているうちに、私の中で明確に目標ができました。それは彦根にボードゲームのお店を作ることです。詳しいことについては、そのうち書きますね。

ここまでが前提。やっと悩んでいる事に入っていきます。

冒頭でどこに住むか悩んでいると書きましたが、2択で悩んでいます。

一つは草津周辺に引っ越すこと
もっとゲームを知ろうと思ったなら、滋賀で一番ボードゲームが盛り上がっている(と私が感じている)草津の周辺に住みたいんです。毎月ボードゲームカフェに行くために払っている交通費も安くありません。その分お店に行くなり所有のゲームを増やす方に回したい。さらには、仲良くなった人から「一緒に住みたいね」って話しも出ています。そうすれば、ゲームもお互いに共有できるし、何よりいつでもゲームができる。
もっと生活の中にゲームをなじませたいという気持ちがあります。

もう一つは彦根に住み続ける
「将来の夢が決まっているなら行動は早くしたほうがいい」という立場に立つならば、さっさとお店の場所を決めて、一緒にやってくれる人を探して…ってしたほうがいいはず。じゃあ彦根から離れることなく、こっちで行動が取りやすいようにしたほうがいいとおもいます。お店に住み込みで働いたほうがお金も浮きますからね。
あとは、twitterとか、世の中の潮流を見る限り「今すぐに始めた方がいい…」って焦ってる気持ちもあります。まだ文化が田舎に流れてくるのは先かもしれないけど、明確な時期がわからないなら早めにお店を構えて待ってる方がいいきがするんです。絶対に。

どっちを選ぶにしても、夢に向けての行動になっているはず。生きてるだけで足踏みしてるなんてことありえないから。どっちもポジティブな理由は沢山あるから選べない・・

とはいえ、最近はいろんな人に相談をしているから、たぶん自分の中では答えは決まってるんですよね。結局誰かに背中を押してもらいたいだけなんです。こうやって書き出して、文章にできてる時点で頭の中の整理はついてるんですから。
でも、尊敬する方から一旦でも離れる事が、正解だとは思えなくて。それは結局その人に私が依存しているってことなのかもしれません。今この時だって、早く話しを聞いてもらって「好きなようにすればいいんじゃ?」って言われるのわかってるから、それを言ってほしくてたまらないんですから。もしアイディアがあるなら、それを言ってくれるでも救われます。何にせよ話が聞いて欲しい。

こういう優柔不断な態度と、自分の人生を決断できない態度のことは治したいですね。人によっては誠実に見えないだろうから。
もうちょっと悩むことにします。

ではまたー

ボードゲームカフェの画像

いつもの場所。こんな場所が自分にも作れたらいいな