やっと社会に出た感じがしてる

昨日、火曜日から新しい職場で働いてる。もう言ってしまいましょう。

飽きた。

多分全ての仕事教えてもらったし、もう覚えた。一日で覚えられるような仕事しか無いし、第作業場はペンの持ち込み禁止だからメモも取れないから当然なんやけどな。

すでに「慣れてきたころ、一週間後とか、1ヶ月後のミスに注意しよ」とか考えてる。まあ気をつけたところでどうせミスはするんやけども。

これまでの仕事よりも、力を使うことは多くなった。筋肉がやせ細ってるから、ちょっとこれをキッカケに筋肉をつけたいかなとも思ってる。まずはお昼ゴハン食べるようにすることからやね←

職場の人たちは年齢が違いすぎて話が難しい。もしくはセクハラパラダイス(それはどこに言っても一緒なんね)。結局天気の話と、今日何を食べるかの話ぐらいしかすることがないや。話題作りのために自炊またやりはじめないとな・・

自分は混ざれないけど、なにやらずっとおしゃべりしてはるんよね。あの年代にありがちな冗談の言い合いとか。全然ついて行けない、完全な内輪感とか。まあ耳栓職場なんで聞こえないフリも容易なんでいいんすけどね。

一日目で一番気になったのは、お昼休憩の時に流れてる音楽がめっちゃポップで食べづらいこと。
ないよりはマシだけど…ちょっと若者向けすぎる感じ。知らんアイドルの曲と、CMで聞いたことがあるようなバンプの曲と。その後も似たようなラインナップ。誰が考えてるんやろか。

働いた感想は「ああ、働いてるって感じする」
誰も仕事にやる気ある人なんて居なくて、別に仕事を精力的に教えてもらえるわけでもなく、主体性は全く求められない職場。ただただ言われたことだけをやってりゃ給料くれる。

これぐらいのドライな会社が良いと思ってた時期もあったけど、やっぱ辛いわ。失敗した時とか、現場と仲良くしてないと気まずいもの。自分がめっちゃおしゃべりだから、ずっと黙ってるのにも耐えきれないし。

こんな淡々とした感じもええやろ。今日はこれで終わり。

生姜焼き

冷凍庫の奥深くに眠る豚肉で作った生姜焼き。明日の話題作り。