職場最後の一週間

今週は全く仕事がない。先週からずっと休んでいて、もしかしたら仕事忘れてるかもって心配してたんだけど、そんな必要なかった。先週分の生産に対する清掃作業が終わってしまったら、今度は部屋の掃除、用具の清掃、ロッカーの整理…掃除ばっかり。しかも、そんなもんはすぐに終わってしまう。

じゃあそんなときに何をするのか……そう人狼である。

コトの発端

去年の今頃、私が入って間もない頃にこんな事がありました。休日出勤が予定されているのだけれど、前日に殆どの仕事を終わらせてしまってたことがあって。そんなときに先輩から「今日人狼やってみませんか?」と提案が。私はもちろんルールは知ってるけれど、経験はなし。みんなが初心者なら気兼ねなく遊べるチャンス!と思ったので、私は遊ぶことに賛成しました。
もう一人の人は名前も聞いたことがないような状態。まあノリはいい人だし、ゲームならやってみようぜ!ってことで遊んでみたら……いやー!その人がハマっちゃって!ワンナイト人狼の3人しか居ないし、戦略なんて全く知らないものの、みんな基礎的なコミュニケーション能力が高いからメッチャ楽しいのよ。もちろん知り合い同士って事もあるけどね。

最後の思い出に

それ以来、なかなか時間も人も集まらずできなかったのだけど、仕事もクビになろうというここに来て暇になって時間ができたのです。じゃあ人狼やろうぜ!って私が提案しました。
今回はうちの部署全体的に暇だったんで、5人が集まった!今日は昨日よりも沢山の仕事があったのに、みんなが人狼をやるために仕事が早いの。さっさと仕事して、いつもの人狼スペース(誰か来てもすぐに気づく事ができて、なおかつ影になっているし、仕事してるフリが容易)に集まって、始まる人狼。
3人でも楽しく遊べたのに、5人になって楽しく無いわけが無いよね!これまでは3人でやってたので、役職の幅も狭くて運要素も強かったゲームも、役職の予想が付きやすくなって誰が人狼なんだ…?と考えながら見ることになるし、二人人狼のパターンも多くあるからそれぞれの発言のつながりをみつ必要があるんよね。なんにせよ知った仲でやると盛り上がるんよ!

他にもゲームを

それ以外も、途中までは二人作業だったから、ブラックストーリーズをやってみたりもした。詳しくは調べて貰えばいいのだけれど、平行思考問題とかって言われるゲームです。ウミガメのスープとかが有名なんじゃないかな。
ずっと一緒に居た方は女性の方で、もしかしたらこういう理論詰めのゲームは苦手かな?なんて思ったのだけど、ミステリー小説好きということもあってか、めっちゃハマってくれました。何度も「次の問題しよう!」と言われるのには困ったけれど。でもこのタイプのゲームは出題者によって、面白さも左右されるから。いつまでも楽しんでもらえるってのは出題者冥利に尽きるってもんですよ。

今週を終えて

いや…とにかく良かったよ…明日もまだどうせ暇だから、きっと人狼やるんだろうな。全然もう辞めちゃう職場って感じがしない。楽しいよ。

明日はこれまでの感謝の気持ちを込めて、大量のお菓子を持っていきます。
あと一ヶ月間はお菓子がもつようにえらびました。ちょっとでも忘れられないように…ね。

じゃあ寝よっかな…おやすみなさい。

大量のお菓子

うまい棒だけでも50本はあります。

※この投稿は2016年9月29日に書かれたものです。