親友と久しぶりに

昨日久しぶりに別れた彼女と二人で話しをした。ちゃんと、友達として。

一番最近会ったときには少々の問題を抱えていて、凄く殺伐とした雰囲気の中で買い物をしていたから、全然楽しくなかった。車の中でもやっぱり気を使うし、それ以外の場面でもたくさん気を使う事があった。

昨日は全然ちがう。完全にお友達として、本当にくだらない話しを聞いてくれて、家庭の話についても聞いてくれて。逆に向こうも私に気兼ねなく話しをしてくれる様子だったし、今の彼の話も聞かせてくれたりした。相談とまではいかないまでも、なんとなく恋愛で困ってるなんて話しを聞かせてくれる様になったのはうれしい。

私の感覚をそのままに書くなら、今でも私は彼女のことが好きだ。友達として、いろんな事を受け止めてくれるから。本気で彼女には幸せになって欲しいと思っているから、悩み事だって聞いてやりたい。

彼女は私のボソボソとした声を聞き取ってくれる数少ない人間の1人で、何のオチもない話をしても大丈夫と思える人間だ。最近こんなこと考えてるんだよって、ただそれだけのことを聞いてくれる人って実はそんなに居ないんじゃないかと思う。

すっごく負けず嫌いを発揮して、私が得意な分野のゲームでもつっかかってくる。その姿勢が本当に気持ちいい。そうやって本気でやってくれるからこそ、潰しがいもあるってもんだ。負けた時にも凄く悔しい。
普段は意識してコントロールしてる感情が、素直なままに出てきてしまって、でもそれが心地良いと感じてしまうような。そんな関係。

大切にしたい。この親友の存在を。