将来への不安。本当にこの世界でやっていけるのか。

最近こうやって文章を書く事が減ったせいか、頭のモヤモヤがいつまでも晴れません。ということで書きます。

4ヶ月ぐらい前から、いろんな人に「私はゲームで生きます」と宣言をしてきました。これまで自分が培った話す(、それも人に気にかけてもらえる為だけの)能力をフルに使って、いろんな人に応援してもらえるようになりました。正直、それだけでちょっと満足している自分もいます。嫌いです。

まったく知らない人に大してゲームの事を話すときは凄く早口になります。沢山話したいことが出てくるんです。それもたぶん不安だからでしょうね。「ゲームの世界は楽しい!」と思って欲しい。相手にしてみれば、そんなに沢山言われなくてもわかったと思うか、もう興味ないんだからほっとけってどっちかでしょう。なんにせよ、相手が聞きたいという様子は見られない。

昔に言われた事がありました。「頭でっかちになりすぎ」だって。今だって大してあの時から成長してないのかもしれません。それでも、わからず屋の私はイベントを開催することで行動することにしました。自分をいろんな人に周知してもらうため、ゲームの世界が素晴らしいと感じてもらうために。

今日もこれから主催のイベントに行きます。ゲーム会と銘打って開催していますが、今ボードゲーム業界で“ゲーム会”とされているものとは、全く違う雰囲気です。参加費は1500円、持ち込みなし、3時間しかやってないので途中入退室も基本的にありません。高いし自由度は無いしで、ゲームが好きな人達からは非難を受けても仕方がない内容です。実際どのように思われているかわからないですけど、被害妄想爆発しちゃうぐらいには本当に違います。いつも人目が気になって怖い。

イベントの中身も不安です。初めてイベントを開催しようと思った時、イベンターの人にアドバイスをもらいに行きました。言われた事は「ゲームするだけで参加費とるの?」。この言葉がいつまでも頭から離れません。つい最近も言われました「今回はタダで遊ばせてもらったけど、次回はお金とるとなると…」。世の中の人の認識はそうなってるんだなぁとしみじみ感じて、悔しくなりました。

ただゲームをやるだけとは言いますが、そのゲームを用意しているのは私だし、ルール説明してる(理解してる)のは私だし、ゲームに参加する人を募って、場所を用意してるのも私だし、ゲームに使うサマリーもホワイトボードも名札も全部私が用意してるんですよ。でもそんなこと言ったとして、お金がもらえるようになるわけじゃないし、結局お金に対する価値が十分にあるって感じてもらえる様に、全力で楽しませるしか無いんです。それがたまに苦しい。

そうやって振り切ったつもりでもやっぱり不安だから、イベントの前にはゲームを買い足してしまいます。いつまでも準備不足な感じがして、ネットで買えば少しでも安いはずなのに、実店舗に行って買ってしまう。「これは投資だから」とか「結局これからも使えるもんね」とか、自分に何度も言い訳しながら。

これぐらいの不安を常に抱えてます。大したことない、いつものやつです。
みなさんも何か漠然と不安な事があるかもしれないけれど、生きていけるから大丈夫ですよ。どうしようもなくなった時は、興味がなくても遊びに来てください。私の不安も、あなたの不安も、楽しい時間に転換します。待ってます。