去年の今よりも成長…してないなぁ




今日は私の恩師の会社創立記念パーティーがやっています。私の企業仲間のKくんは言っているのですが、私は仕事があって京都には間に合わないので参加できず…

やるせない気持ちをどこかにぶつけたいと思って、一緒に残業していた都市の近い先輩に、どうやって恩師にであったのかについて、話を聞いてもらっていました。(なんのこっちゃわからんのに、聞いてくださってありがとうございました。)

出会ったキッカケは去年開催されたR−SIC(アールシック)という社会起業家が集まるイベントに行ったことでした。(詳しく知りたい方はこちらhttp://ridilover.jp/R-SIC/)

この時は八百屋さんを初めて丁度半年経った頃。最初の勢いだけは凄くて、3ヶ月程度で50程度の顧客を見つけていました。この時が一番頑張ってたでしょうね。その時私は社会起業ってワードに凄く敏感で、このイベントの存在を知ってすぐ行くことに決めました。この時で2万円の出費は相当痛かったですが、このおかげで人生変わったのだから安いもんです。

イベントは相当楽しかったです。今までずっと画面の向こう側に居て、すげぇと思ってた人が目の前にいる感動。それに私が勝手にライバル視している彼にも会うことができたので、それだけでも2万円払う価値があったなと。今から考えれば完全に観客目線ですが、イベントの中ではがんばって話しかけましたよ。うん。(実は一回ブログが消えているので、その時のブログには内容を書いているんですよね。今回内容は重要じゃないので割愛します)

事が起こったのはイベント終了後のクロージングパーティーでした。このパーティに参加するにもお金が必要で、正直生きていけるか心配なレベルだったのですが、せっかくなので有り金全部使って参加。立食パーティで隣に来てくれたのは、英単語を覚えるアプリを開発・起業された人でした(勝手に名前出せないので伏せました)。その人に話しかけて頂いて、境遇を話しました。「私は半年前に大学を辞めて、3ヶ月前から八百屋さんをやってるんです。今でお客さんは50人近く居ます」って言うと、「クレイジーだな!!笑」と評価?されて「ちょっとちょっと!変な奴見つけた!」と別な人を紹介されました。また同じ話をするとその人には「狂ってんな大笑」と言われ、その場でFacebook交換。そしてすぐに「完済ならこの人に会っておけば間違いないから」と言われて、話の冒頭に出てきた恩師になる方を紹介していただいたのです。
脚色ナシでこの間5分に満たない時間の出来事。あまりにも一瞬すぎて、何が起こったのかしばらく理解できませんでした。家に帰ってからも「あれば夢だったんじゃないだろうか?」と思うほどに。私の知らない世界がそこにはあって、それを感じることができました。

そして紹介されて、1ヶ月後ぐらいに「じゃあ会って話をしようか」ということで、話をしに行きました。お互い得体のしれない者同士で、初対面なので自己紹介から。なんだかんだ話をしてもらって、私の話も聞いてもらって。八百屋さんの話に関しては「うん。行けるんちゃう?」と意外にも好評価を頂いて嬉しかったのを覚えています。(今思えば、初対面相手に辛口評価するわけ無いって分かる)でも、今まで誰かに評価してもらったのは初めてだったので、本当に嬉しかったです。その上で、もっとこういう風にしたほうがいいとか、商売の基本的な事について教えて頂きました。
失礼ながら、私はこの時「初めてまともな大人に会ったな」と思いました。前にも書いたと思いますが、私の視界にはしょうもないことを言う大人しかいなかったので、こんな風に整理された話をしてくれる事が新鮮で。ましては当時35歳。正直考えられないような若さです。結局この時に一目惚れして、雇ってくださいとお願いしにいくことに…この先は皆さん知ってのとおりですね。

それから約一年たった今、いろいろと無理をしてここまでやって来ましたが、どの選択も私は後悔していません。人を傷つけた事以外は。一緒に仕事をさせて頂いた経験、いや一緒に居させて頂いた経験の全てが今の私の糧になっています。何も頑張れない、何もできない自分を近くにおいて下さった事には、感謝してもしきれません。今この瞬間だって、成長できない自分のことは嫌いです。でも、何としてでも今まで私が感じてきた感謝の分はお返しします。

一年前から、何も成長してない自分にびっくりです。あの時から、いろんな悔しい想いをしたのに。またそんな思い出を思い出して、明日も精一杯頑張ろう。

今日はこんなもんで。ではまた~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA