努力って何なの?努力したこと無いかも。




今日は何かを続ける事について考えたいと思います。

以前、プログラミングの勉強と、ブログ更新と、ランニングを続けているという話をしたと思います。みなさま知っての通り、ブログは続いていません。これまでは毎日書いていた物が、仕事を始めてから2日に一回のペースに落ちてしまいました。記事は浮かんでるんですよ?ほんとに。
実はランニングも続いておりません。一度無理をして膝を痛めてから、ズルズルと…今日は走ろう!と思うことがあっても、階段を踏み外して足をくじいたり、土砂降りの雨だったり。神様が今はやめときなさいと言っているから走るのはやめています。来週になれば走り始めますよ。神様が許してくれれば。
プログラミングの勉強は、勉強と呼べる状態ではありません。本を呼んで知識を得るばっかりで、実際に打ち込まないので身にならない。正直本読んでる時間がもったいないとすら感じ始めています。

今十分に理解してもらえたと思いますが、私は継続するのがめっちゃ苦手です。昔からそうなんですよね。急に勉強し始めて、一回だけメッチャ良い点数とるとか。いつもC評価ば狩りの英語の授業で、猛練習してスピーチでA+評価もらったりとか。先生からすれば扱いづらいことこの上なかったでしょう。そんな性格なので、困ったことも沢山あった?と思いますが、ちょっとずつ自分なりの何かを続ける方法を見つけました。

なんとなく毎日やってることってありますよね。お風呂あがりのストレッチ、帰り道のカフェで少し勉強する、極端な例では歯磨きもそうです。それらってなんで続いてるのかって考えた事ありますか?心理学的に言えば、努力は”習慣”だそうです。私の言葉で言えば、努力は”惰性”です。
「あの人は努力して、毎日勉強している」と思っていても、おそらく本人にとっては努力しているという感覚はないと思います。毎日やっているから、やらないと気持ち悪い。いつも通りだから苦じゃない。その程度の感覚しかありません。毎日ランニング行く前に「頑張るぞ!!」と気合を入れたりはしません。多分そんな事してたら続かないでしょうね。

だから、まず第一に習慣化すること考えましょう。続けていくうちに習慣化されて、やらないことで居心地悪くなってきたらこっちのもんです。まずは何もしなくてもいいから、時間を決めて机の前に座る。勉強に必要な用具を常に持ち歩く。すぐに運動できる用意を一箇所にまとめておく。習慣にするための仕組み作りをすれば、誰だって努力できるようになります。小さな一歩の繰り返しが大切ですよ。

今日は自分への戒めとしての文章でした。私も習慣化しないとね。まずは朝5時おきかな…

今日も読んでくれてありがと。
ではまた~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA