第2回:朝の朝礼と自己紹介




やっとこさ実際に起きた事について話をしていきます。

就業一日目の午後、「明日朝の朝礼で一言もらうから、考えておいて」と言われました。いつもの私であれば、適当に「工場経験は初めてで、ご迷惑をお掛けするかもしれませんが、これからよろしくお願いします」とか言って終わらせたと思います。

でも今回はそうはいかない!朝の朝礼ということは、その日に勤務する部署の全員が集まるだろうし、その中には昨日挨拶できなかった人も多数いるはず。というか昨日は仕事中の所に回ったから、名前の紹介だけでほとんど話もできなかったし…
そう考えると、朝礼は私のことを知ってもらう最高のチャンス!この機会を逃すわけにはいきません。そう考えた私は早速次の日の挨拶について準備を始めました。

まだ朝礼は経験しておらず、どのような雰囲気の中で行われるのか分かりません。そこで話を聞いた中から勝手に推測することにし、だいたい許された時間は1分ぐらいだろうと決めました(一言ってそれぐらいでしょう)。そして相手が聞きたいだろうこと、自分が言っておきたいことなどを幾つか考えて、何度か並び替えながら一分の自己紹介を完成させました。

そして来る当日!自己紹介をメモして見ながら出勤、頭の中ではイメージトレーニング完ぺき!出勤後朝礼の様子を聞いてみると「真面目な感じで、あんまり笑うような雰囲気じゃないよ。笑わせてもいいけど」って言われて、緊張感が高まります。笑う場所を作ったけど、滑ったら辛いな…なんて考えつつ。就業後初めてのラジオ体操をして、朝の朝礼がはじまりました。
朝礼の最初はその日の担当の人が、最近考えてることを話すらしいです。その人の後に挨拶するのだと思って待ってるんですが、異常に話が長い。終わると思ったら終わらない話に、私は焦らされ緊張も異常に高まります。イマイチ終着点もないまま話は終わって「それでは昨日から来てくれている井上くんです。一言お願いします」とやっと私の番!

「ご紹介頂きました井上です。私はもともと京都に住んでいたのですが、彼女を追いかけてつい最近彦根に引っ越して参りました。(笑ってもらえた!好感触)京都では5年ほどマクドナルドで働いており、工場経験はありません。危険なことを始め、わからないことだらけです。もし見かけたらその都度声をかけて頂けるとありがたいです。最後に私の得意な事を言って終わりたいと思います。私はルービックキューブを30秒で揃えられます。(おーと感嘆の声)それでは今日からよろしくお願いします!」

全体的に好感触で良かった!!!その後の朝礼は専門用語が飛び交い、何を言っているのかわかりませんでしたが、なんとか終了しました。文字にすると素晴らしい演説にも見えますが実際はグダグダです。一分で終わらせるつもりが若干超えたのは、話す内容を忘れて噛みまくりのどもりまくりで、不必要なことも沢山言ってたからでしょう。ともかくみんなに顔は覚えてもらえたでしょうから、その点は満足です。

上手くいかなかった部分は、練習が足らなかったせいだと思います。しっかりと話す内容を決めて練習していれば、緊張することなく話をすることもできたのでは無いでしょうか。次に向けて頑張ろう…

こんなところで終わります。事実だけ書けばもっと短く書けるけど、蛋白なのも嫌ですもんね…
この日午後の出来事をまた別で書きます。

今日も読んでくれてありがとう!
ではまた~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA