共感は友達作りに使えるけれど、注意した方がいい

今日は大学に行ってきました。同い年の子と話しをすると元気がもらえますね。

その時に考えた事があります。共感って大切なのはわかってるんですけれど、それって結局思い込みだよねってこと。詳しくお話して行きましょう。

発端は大学で人を待っている時に「みんな人と一緒に居て羨ましいな」って考えてたことでした。みんな楽しそうに話していて、良いなぁって。しばらく見てると、わたしと比べて共感が上手い事に気が付きました。私は本当に共感って苦手で、表情が変わらないってよく言われるので、何考えてるのか相手に伝わりません。まあそれは天性のものなので仕方ないでしょう。

たぶんここに居る人達に限らず、友達が多い人って共感が上手だと思うんですよね。相手の話に乗せて上手に相槌をうって、表情でも身体でも相手を受け入れる姿勢が取れる人は、いつも周りに人がいると思います。みなさんも「あぁ、あの人だな」って想像できる人が1人は居るのではないでしょうか?

そこまで考えて、やっぱり私にはできないなぁと思いました。ポジティブに諦めています。人との関わりが薄かったせいかもしれませんが、絶対に相手が考えてることや感じている事ってわからないよなぁと思っています。例えば経験してきたこと、その時の判断、そして感じたことなど、人生の歩み方が違えば考える事は全く変わってくるでしょう。結局の所自分と相手は別の人間なので、どれだけ伝える努力をしても伝わりきらない部分はあるはずです。

そういう前提に立った時に、あまり安易に”共感”するのも危ないのではないでしょうか。相手を知っているつもりになって、本当に大切にしている部分に気づかなければ、関係性に亀裂を生むことも考えられます。

ちょっと冷たい事を言っているかもしれませんが、私は「わからない」からこそ、相手の事を知りたいと考えています。
親友になりたいと考えれば、安易に共感しないと思います。小さなことでも、選んだ理由やその時の気持ち、結果どうだったのか等々聞きたい事は全くつきません。そうやって知ろうとする中で、お互いに良い関係性を育む事ができて、一生の親友になって行けるのではないかと。

みなさんも、是非共感について考えて見てください。

今日も読んでくれてありがとう!
ではまた~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA