私流ブログの書き方

”私流”なんて格好つけて言っちゃいます。この考え方じゃないとブログをSNSに投稿なんてできませんよ。怖くて…

なんでこんな事書こうと思ったかと言うと、先日の私のブログに対するコメントのおかげです。「ちょっと極端じゃない?」って感じの事を言われました。でもそれってわざとな部分もあるんですよね。今日はそれについてお話しようと思います。

みんなと同じ事を、自分の言葉で話す

私はバカなので自分特有の物を持っていません。だから言っている事は、どっかで書いてある事の受け売りだったり、どこかで誰かが同じような事を言っていると思います。それでも発信するのは、人によって話す言葉が違うからです。人によって生きてきた背景が違うので、言葉の意味がぜんぜん違ったりします。もし本質的に同じ事を言っていたとしても、その人にとってわかりやすい言葉と、分かりづらい言葉に分かれてしまうのです。
だから、私は人と同じ事を言っていても構わないんです。私の言葉でそれについて話す事ができていれば、私に近い言葉を使う人達に翻訳しているのと同じ役割をしているから。

ブログはコミュニケーションのはじまりに過ぎない

反応が来るって事は、少なからず相手の心を動かしたということ。それ自体がすごいことだと思いませんか?相手が喜んでても怒ってても関係ありません。どっちでもいいんですよ。まず相手に響いた事が重要だと思います。
コミュニケーションはキャッチボールって良く言いますよね。それに例えるとすれば、ブログを読んでもらえた状態はまだ相手がボールを受け取った状態でしかありません。そこから相手が投げ返してくれて、やっとコミュニケーションが成立したと言えるでしょ。まだボールも帰ってきてない状況で不安になってどうするんですか。相手がこちらの本意を理解せずに、コミュニケーションとろうとしなかった場合にまで責任とる必要はありません。応えてくれる人達のために書きます。

人と違うと必ず摩擦が起こる

あとみんなに配慮して作った文章というのは、結局誰にも響かない文章にしかなりません。人との摩擦を恐れて、丸い文章を書く練習ばかりしていると、自分の意見が相手からみえなくなります。
こうやってブログで自分を発信するということは、少なからず自分を表現する(さらけ出す)ことです。誰一人として同じ人は居ないのだから、みんな考え方も違って、そこで摩擦が起こるのは当たり前です。だからこそ相手にとっても、自分にとっても新しい視点を得る事ができて成長していく事ができるのです。だから逃げないで摩擦していきましょう。

自分の言葉で話すことでファン(応援してくれる人)ができるはず

ブログ書いてる人なんて、基本的にナルシストだと思いますよ。自分の意見を好き好んで人に見せようとしてるんですから。
私は基本的に自分の考え方が間違っているとは思わないし、意見を曲げようとしません(自分でわかってる)。だからブログが合ってる気がしてます。
正解はどこにもないけれど、それを探そうと努力する。その姿勢を見てアドバイスしてくれる人や、応援してくれる人ができてくるのではないでしょうか。媚びない言葉を使うことで、本当に愛される人になれる気がします。

まとめ

今日は私がブログを書くときの良い訳について書いてみました。
繰り返しになりますけど、人は関わりの中で(もっと言えば摩擦の中で)成長していくものです。人と関わるとき、それを恐れないで生きていきたいですね。

今日も読んでくれてありがとう!
ではまた~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA