自分の弱さと向き合う

疲れているだけかも知れませんが、自分の弱さが嫌になる時があります。今がど真ん中ですね…

今日は自分の師匠とも呼べる人に、自分の弱さをそのままさらけ出しました。それに対して、どんな反応が帰ってくるのか考えるだけで目の前の事が手につかなくなります。心と身体を別々にできない、私の悪いクセです。

いつも勇気を出して何かをするとき、いろんな言葉で自分を貶めます。「その考え方は甘えだ」「本当にちゃんと考えたのか?」「できる事がないなんて嘘だろ」「なんでこれをやらないんだ」「お前はなんで居るんだ?」etc…
そうやって自分が言われて一番傷つく言葉を並べて、自分に言いきかせて自分の中に抗体を作るんです。大抵それ以上の事を言われる事はないから、実際に怒られる時には冷静です。時間が経てば鎮まるだろうって考えています。

昔からそうでした。なんで怒られてるかわからない時は絶対に反省しません。その人が気に食わなかった理由を分析して、次からそれで怒られないように立ちまわるだけ。本質的に怒られた理由なんていつになっても分かりませんでした。それは周りの環境であったり、大人たちのせいです。昔からの癖は今も治りません。怒られたらいつも、まずは自分に良い訳します。その次にいわゆる反省をします。相手を鎮める為に反省する。ずっとそうやって生きてきました。昔よりも自分の頭で考える力がついているので、なんで怒られたかを理解できると思いますが、まだ心から理解しているとは言えないでしょう。

これからの人生を選ぶのは私だとわかっています。しかし自分の中に長所を見つけようと思えば、短所とかぶるんですよ。「気が利く自分」と「反省しない自分」は同じ所から出てきてるんです。長所と短所は表裏一体だから当然だとしても、それに付随した自分の中の悪と呼べる部分を肯定的に認める事は至難の技です。まだ私にはできません。

きっとこのジレンマと向き合う事ができれば、過去に心から感謝することができるのでしょう。
私はそれと向き合う為に、走ってきます。無心になれば、雑念がなくなれば、自分と向き合えるはず…

みなさんは自分とどれだけ向きあえていますか?
私はみんなのそのままを受け入れられるような、そんな人になりたいです。

今日も見てくれてありがとう。
ではまた~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA