私が考える良い教え方、教わり方

人に何かを教えるのすごい得意だって自負してます。なんかその辺について自分で分析してみました。

人からは教えてもらわない

私は何か新しい事をするときに、教えてもらうって感じじゃないです。もちろん仕事とかは教えてもらうんだけど、基本的にみんな教えるの下手くそなんであんまり話聞いてない…
そこでなにをしているかと言えば、その人が伝えようとしている事をしぐさとか、目線をみて感じ取ろうとしてますね。全く理解できなければ1回やってもらう。で、真似する。後は仕事をする中でみんなのしぐさを見て学んでいきます。どうしてもわからない事があったら聞く。
教えるって結局伝言ゲームなので、伝わるかどうかが問題だと思います。情報を”渡す側”と”受け取る側”のコミュニケーション能力が問われます。協力プレイです。とかいいながら、私はその辺苦手なので相手が教えてくれる(渡す)ことは半分くらい聞いて、後は勝手にその人から学び取って(受け取って)きました。学ぶ能力だけ秀でてて、コミュ力を補完してた感じ。

身体に染み込んでいる事を言語化する

そうやって学んだ事は、なんども試して、また学んで…で身体に染み込ませます。誰かが「忘れるまで覚える」と言った趣旨の言葉を残してました(ブルース・リーかな?)。それ聞いた時めっちゃ納得したもんね。その通りだって。基本の型を身体に染み込ませたことで、次はどんどん自分の型が出来上がってきます。
難しいのはそれを人に教える事ですが、そのへんめっちゃ自分は得意でした。実は慣れ親しんだ事に関しては、一切の動きに意味があります。その言語化が得意だったりとか。身体に染み込ませた事を、その人にトレースして違和感の感じる部分を訂正したりできたりとか。なんかいつの間にかできるようになってました。

よくある下手くそな例と改善法

みんなが間違えがちなのは、最初に教えてもらった事をそのままだったり、マニュアル的に動きの説明してるだけだったり。「それ見たら分かるから…」見たいな説明する人が多いですね。
そうじゃなくて”自分が”どんな動きをしているのか、なんでその動きをしているのかを考える事が先です。次にそれを”自分の”言葉で伝えましょう。そうじゃないともし質問された時に、返事ができないでしょ。「そう教えてもらったから」とかじゃ教わる気も起きません(私は)。

私が考えた「人教える時の最強ルール」

なんとなく自分でも人に教えるのが上手い事の理由がわかってきたので、最後に私なりの教え方のコツをまとめて終わる事にしましょう。
1.絶対に教える(渡す)事は、やってはいけない事のみ
2,その他の事は相手が学ぶ(受け取る)ので、その手伝いをするイメージで
3.なにかを伝えるときは自分の言葉で、相手の質問に応えられる状態を作ろう
4.ゴールの共有(時間、成果)をしたら、後は目が見える場所でほっとこう

まとめ

こんだけやってくれれば、自分は学びやすいなぁ…と自分本位な目線で考えてみました。実際そんなにずれたことは言ってないはず。誰かを教える機会がある人は試してみてくださーい

ではまたー

なんか自分の文章ってすっごく日本語的で読みづらいよね。自分で読んでて思った。がんばろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA