やりたいことがない人に伝えたい

以前の記事で、ずっと働いているあの人の原動力について考えて見ました!

結局の所やりたい事があるかどうかが最大の原動力だと言う話になりましたが、このままだと私みたいな人が救われないので、補足の記事を書くことにしました。てかこっちの方が本題かも。

やりたい事が無いって本当?

正直やりたいことがないって、嘘だと思います。実際はやりたい事は沢山あるんだけど、それは人に言うほどじゃないと考えてたり、そんな事は世間的に許されないと思っているから押し殺してるだけなんです。でもそのことに気づいたなら、小さくてもはじめてみましょう!やってるうちにもっとやりたくなってくるはず!

…と、このような事を言うと、私みたいな自己肯定感が低い人間は「適当に生きていきたい人は、それだけで邪魔者なのね」と考えてしまいがちです(もちろんそんなこと言ってません)。こう考えてしまうのは世の中の風潮であったりとか、教育のせいなので仕方ない…。だから自分は悪くない。
自分がやりたいことなんて、そんなすぐに見つからなくて当然なんですよ。今までずっと楽しい事を消費して生きて来たんですから。偉そうな事言っても私は全然できてませんし。
でも、なんとなくそんなんじゃダメな気がして、でもどうしたら良いかわからない。個人的には、わかってるけどどうすればいいかわからない人の方が多いと思うので、そんな人に向けて言葉を発信していきたいですね。

「やりたいこと無し」で生きるには

ではそんな風潮の中、私はどうやって自分を保っているのか考えてみました。何をすればいいかわからない人も参考にしてみてください。

1,人の為に頑張る

たとえ自分のやりたい事がなくても、なんとなく人の為になる事をやっていれば良いと思います。
私は自分の為に頑張る事ができません。だって、自分の生活に不満を感じてないですからね。最低限生きていける収入があれば、必要な物がアマゾンで買って、ずっとゲームして、そうやって家の中で完結する人生を送りたいと思ってますから。
しかし、それでは周りの人が許してくれません。周りの人に迷惑かけてますから、その分ぐらいは返さないと。私の場合は彼女の為が一番で、次に職場の上司、それに続いて私に会ってくれた人全てに対して、何かしらの形で恩返しをしようと思って生きています。この人達の笑顔を見るためであれば、がんばれますね。

2,そのうち見つかると考える

今やりたいことがないだけだと考えるようにしてます。別に興味のある分野がないわけではないし、無理して見つける必要もないかなと。自分に嘘ついてまでやりたい事を決めたとしても、それは原動力となり得ないので意味ないですよね。自分に幻滅する原因にしかなりません。
それよりも目の前にあることをやっているうちに、やりたい事が見つかると思った方が精神的に楽です。今はわからなくても確実に将来に繋がっていると考えましょう。実際つながってるらしいですよ。

3,自分の幸せを見つける

個人的に一番おすすめはこの方法。ちなみに私の幸せは「ネットで綺麗な風景を見て、いつかここに行ってみたいなぁ…と思いながらも、忘れて結局行かない日常」です(詳しくはこちら)(リンク:私の幸せ)
自分の幸せが明確に見えていれば、それ以上の事は今やらなくても良いと考えられます。私は人よりも特に幸せのレベルが低いので、ずっと人生に満足しています。だから「そんな生き方ではダメだ」と人に駄目だしされたとしても、全然へこたれません。こんなにエコな考え方はないですよ。

ついやってしまいがちな失敗

本当にそういう雰囲気があるのか考えてしまう
これだけはやるべきではないと思っています。ポジティブに捉える事ができればいいですが、自分の事を責める方向に行ってしまいがちなので。もしこういうことを考え始めたのであれば、近くに自分の考え方を受け止めてくれる人を用意しましょう。用意できないという人は私を呼んでください。連絡はこちら(リンク:連絡先)までどうぞ。必ず対応します。
あと、受け止めるつもりがないなら、安易にこういう事を言わないでください。

まとめ

私は行動できない自分を責めてしまいがちですが、他の人と比べる必要なんて無いんですよね。どんなに小さいことでも、行動したら自分の事をほめましょう!やりたい事がなくても、できる事があるからそれをやりましょう。そしてとにかく行動しないと、やりたい事の所になんてたどりつけませんよ。うん。
※最悪たどりつけなくても、幸せに生きてれば勝ち組です笑

今日も見てくれてありがとう!
ではまた〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA