72億分の1

突然ですが、風邪引いてます。そして体調不良のせいか、考えてしまったことがあるので、それについて今日は書こうと思います。
※個人的なメモ、精神レベルの話なので、苦手な人はページを閉じて下さい。

心境の変化
考えてしまった事というのは、人それぞれの人生についてです。多分。
私は最近、人と会うことを重点的に頑張っています。今までずっとそのことから逃げ続けていたのですが、あるキッカケがあって(詳しくはまた今度書きます)人との関わりから逃げていてはいけないと考えるようになりました。人と会うと言ってもインタビューというわけではなく、ただ友達を作る感覚です。
そうやっていろんな人と話をしていると、当たり前ですがみんな考え方が違うんですよね。政治とか、経済とか、生き方とか。会う人それぞれが本当に千差万別の考え方をしていて、今まで会ってきたなかで全く同じ事を考えているという人はいませんでした。ずっと人との関わりを大切にしてきた人にとってはそれは、当たり前の事かも知れません。でも21年生きてきてやっと、自分からいろんな人に会う努力をして初めてその事に気づく事ができました。

今までの世界
この部分は書いてるうちに盛り上がっちゃったので、また別で書きます。 → 書きました
読み飛ばしても大丈夫です。

世界中に個性がある
やっとみんなの個性に気づけて、その状態でFacebookを眺めていた時、今までとは見え方が変わってる事に気が付きました。今まではただ投稿が並んでいるだけで、なんとなくその人の近況が分かる程度で見ていた物が、その投稿を書いている人の個性を感じる様になったのです。
そうやってFacebookを見るようになったら、今度は隣に座っている知らない人にも個性があることに気が付きました。目の前の女子高生にも、後ろの大学生にも。すれ違っているく全てにも個性があると感じる様になりました。さらに範囲はひろがって、見える範囲にいないだけで友達の友達、芸能人やニュースでしか見たことの無い海外の人たちにも個性がある。本当に沢山の人間が同じ星の下に生きていて、全員に個性があると。21歳にして初めて気付きました。

その中でどう生きていくのか
それに気づいた時、感動しました。それと同時に苦しくなって、寂しくなって、心地よい気にもなりました。今まで「自分との関わり」の中でしか世界を見ていなかった私にとって、全員に個性があるという事実は衝撃的でした。
世界中でいろんな人生があることに思いを馳せると、それぞれにあるだろうストーリーに感動します。画面の中に個性を感じると、いろんなニュースがいつも以上に辛く苦しくなります。72億という人間の内の1人でしか無いと考えると、自分なんかちっぽけで寂しく感じます。一方でその孤独が心地よいとも感じました。せっかく何億分の1の人生ですから、人生選び放題です。
そんな風に個性について考えた時、スタート地点に立った気がしました。これからどうやって生きていくのか。どう生きたって人と同じじゃないなら…そう考えたら何でもできる気がしてきます。

まとめ
世界なんてレベルで話をしてしまって、苦手な人がいたかもしれません。でもここまで読んでくださった方はこういう話が好きか、私の事が嫌いかのどちらかですよね。そういう人は是非コメント下さい!
みなさんは個性についてどう考えていますか?

連絡先はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA